ファッションアイテムに使われる透湿素材について

by author



ファッションアイテムには様々な化学繊維が使われていますが、近年は透湿性の高い素材も使われるようになっています。

こうした素材が用いられた服は汗をかいても蒸れにくく、雨が降っても水をはじく加工がしてあるものもあり、快適に着用し続けられるメリットがあるものです。

ただし、利便性の高さを上手く活用するには、ある程度扱いに気を付ける必要があります。

まず、透湿性を維持するには、撥水性の高さも維持しなければいけません。

リクナビNEXT JOURNALの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

透湿性とは、雨のように大きな水の粒を通さず、汗の蒸気のような小さな水の粒は通す仕組みです。
生地自体が湿ってしまうと透湿性が上手く働きませんから、水を弾く撥水性が重要になるのです。

洗濯を繰り返す間に撥水性は下がっていきますので、定期的に撥水スプレーをかけておくメンテナンスをしておきましょう。
次に、物によっては油汚れに弱いという欠点があります。

透湿性の高い衣服は、疎水性を持っていますが、疎水性が高いものは同時に親油性が高い傾向があります。
例えば、洗濯を怠ると透湿性が上手く働かなくなり、せっかくの生地の性能が上手く活用できなくなる場合があるものです。
こうしたトラブルを避ける為にも、定期的な選択とメンテナンスは必要不可欠になります。



透湿性の高い化学繊維を使ったファッションアイテムは、主にアウターを中心に存在します。

気に入ったアウターが透湿性の素材だった場合は、メンテナンスにある程度の手間はかかるものと思って検討しましょう。



他の素材に比べて特別手間がかかる訳ではありませんが、ファッションアイテムとしての格好良さと、機能性の高いギアとしての利便性とを両立させるには、独特のメンテナンスが必要になります。